借金で裁判所から訴状(支払い督促や通知)の手紙

返済が滞っていたら債権者から訴えられて裁判所から支払い督促が・・・どうしよう・・・

 

今こんなことで悩んでいませんか?

 

 

 ・借金の返済が遅れがちになってたら突然、債権者から訴えられてしまった・・・

 

 

 ・返済が滞っていたら、裁判所から訴状が届いてどうしたらいいのか分からない。

 

 

 ・債権者から訴訟を起こされて支払督促が裁判所から届いたけど、不安でしょうがない。

 

 

 ・債務整理中に債権者から訴えられた!誰かに相談したいけどどうしよう・・・

 

 

 ・裁判所から訴状(通知や支払い督促)が届いたので債務整理を検討してるけど、何からしたらいいの?

 

 

 

などなど、借金が返済できずに裁判所から突然支払い督促が来たら動揺しますよね。

 

 

債権者が訴えることは珍しいことではない!

 

しかし、動揺する必要はありません。返済の遅れてる債務者に対して訴訟を起こす貸金業者は珍しくないんです。

 

(ある貸金業者は訴訟することをマニュアル化してる所もあります。)

 

 

また、債務整理の受任通知を受け取っても訴訟を起こす貸金業者もいます。

 

(というか、そういった業者が増えています。)

 

 

だから、慌てる必要はありません。

 

 

裁判所から届く訴状って何?支払い督促って何?

 

裁判所から届く債権関係の通達は「訴状」や「支払督促」と呼ばれるものです。

 

 

 ・訴状・・・貸金業者が借主を訴えたので出廷命令が書かれた書類(返信書類:答弁書)

 

 

 ・支払督促・・・貸金業者が裁判所を通じて借主に支払いを促す書類(返信書類:督促異議申立書)

 

 

 

裁判所から通知が届いて債権者から訴えられたらどうする?

 

では、債権者から訴えられた時にどうすればいいのか?

 

一番してはいけないことは「何もせず放置すること」です。

 

放置しておくと訴状に書かれている内容を認めたことになってしまいます。

 

そして、その書かれている内容は極端なことが書かれていることが多いので、それをそのまま認めてしまうと、後々あなたにとってかなり不利な材料になりかねません。

 

そうならないためにも「なるべく早く専門家(弁護士や司法書士)に相談する」ことをおすすめします。

 

 

 

 

 

債権者から訴えられた時に何で専門家に相談しなくちゃいけないの?

 

なぜ、専門家に相談しなければならないか?

 

 

それは、通達が届いてから2週間以内に「答弁書」や「督促異議申立書」を書いて裁判所に送らなければならないからです。

 

 

この「答弁書」や「督促異議申立書」は正確に記入しないと裁判所が認めてくれません。

 

 

ただ、「答弁書」や「督促異議申立書」の書き方が分かってる人なんてそうそういません。

 

 

当然、弁護士や司法書士の専門家に任せれば問題ありませんし、何より訴訟を起こされた不安を解消するためにも、まず「専門家への相談」が第1歩なんです。

 

 

裁判所からの通知や支払い督促を無視したらどうなる?

 

話を戻して、裁判所からの通知や手紙、正式名称でいうと「答弁書」や「督促異議申立書」を送らないと(通知を無視すると)どうなるんでしょう?

 

 

裁判所からの通達を2週間放っておくと、債権者の条件を100%認めた状態で判決が出ます。

 

 

つまり、債権者の言い分がそのまま判決になってしまうのです。

 

 

裁判所で出た判決は強制執行されるので、判決で出た支払い条件を破ってしまうと、給与や財産の差し押さえに発展してしまいます。

 

(給与の差し押さえは当然、会社に知られてしまいます。)

 

 

なので必ず裁判所からの通知や手紙は無視せず、まず弁護士や司法書士に相談するのが良いでしょう。

 

 

裁判所からの訴状や支払督促を無視してしばらく時間が経ってるけど・・・

 

でも、訴状や支払督促を無視してしばらく時間が経ってるけどどうしよう?という方もいるでしょう。

 

 

無視しても数ヶ月は音沙汰が無いので「大丈夫だろう」なんて思ってると突然、裁判所の命令で財産の差し押さえをされてしまいます。

 

 

差し押さえは、預貯金や自動車、不動産などの財産を一方的に取り上げたり、勤務先の給料を差し押さえられることもあります。

 

そんな最悪な事態にならないためにも、まずは弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

 

一昔前までは、相談するだけで相談料金が発生していましたが、今ではどこの弁護士事務所も無料で相談に応じてくれます。

 

あんまり大きな声では言えないですが、無料で対応策だけ聞くものありです。相談して、これは自分では対応ができない場合に初めて依頼すればいいですからね。

 

弁護士事務所に電話をするのってちょっと抵抗がありますが、無料相談を設置しているところはほどんどの場合が丁寧に対応してくれるので大丈夫です。

 

私も以前あるサイトを利用していろいろ話を聞いたことがあるのですが、とても丁寧な対応で安心しました。

 

相談は無料なので勇気を出して聞いてみるのもありだと思います。

債務整理はプロにお任せ!でもどこの法務事務所を選べばいいの??

 そんなときに便利なのが、「街角法律相談所」。

 弁護士事務所や司法書士事務所は正直沢山あります。たくさんある弁護士事務所からあなたにピッタリあう法律事務所を選んでくれるサイトがあるので便利です。
 そんな便利なシステムも実は無料で使用できます。是非使用してみてくださいね。 

 

街角法律事務所を見るなら以下をクリック↓↓↓↓↓↓↓